太っている男性は食欲をコントロールできないわがままな人だと女性は判断するし、偏食がすごくて肉類や揚げ物やジャンクフードばかり食べて野菜を食べないというイメージがあるので、共に食事を楽しみにくい人だと感じます。結婚したら食事を主に作るのは女性の場合が多いし、食費を管理するのは女性になる場合が多いので、食費が多くかかることに恐れを感じるし、偏食な人の食事作りはストレスになるし、太っている人は糖尿病や生活習慣病や心臓病などの病気になるリスクが高く、長生きできそうにないと感じるので、太っている男性はデブ好きな女性以外にはモテナイと感じます。

痩せ型体型の男性は、自分が痩せているので女性にも体型が痩せていることを求めてきそうだし、ジムに通ったりサプリメントを服用するなどして、別の視点で共に生活するうえでストレスがかかり、お金がかかりそうだと感じます。食事を作っても、栄養バランスが悪いとか、食が細くてもう食べられないとか言って残しそうだし、痩せすぎていても太っている人ほどは病気のリスクはなくても、普通体型の人よりは食べないのでリスクが高そうだと感じてしまいます。

最近はバブル時代のように三高ではなく三平というように、全てにおいて平凡な男性の人気が高いように、普通体型の男性のほうが食事にしても健康にしても安心感があるので、女性も共にいて気楽なのでモテると感じます。女性が言う標準体型よりも、男性から女性を見た標準体型のほうが痩せていてハードルが高いと感じるので、パートナーの男性が痩せていたら女性のほうがより悲観的になる可能性があります。

平均体型を維持することは理想的な健康を維持するということなので、そこまで特別に難しいことをせずに、1日3食の適度な量の食事・適度な運動を心がければいいので、主に食事や飲酒に配慮することが大切です。できるだけ食べる時間を決めて、自炊をして食事を上手くコントロールし、1日に成人男性が必要なカロリーを摂取することを目標にします。年齢を重ねるごとに脂肪がつきやすくなり、消費カロリーが落ちなくなるので、以前と同じままの生活をしていたら太る一方なので、年齢を重ねるごとに運動時間を延ばすことも大切です。理想的な運動はウォーキングやジョギングですができない人もいるので、そういった人は毎日ラジオ体操をすることを日課にして実行に移せばよいです。ラジオ体操は身体のあらゆるところにアプローチを適度にかけるよう作られた構成なので、誰でもできる運動にはピッタリです。