一般的に女性にはウケが悪いとされている男性の髭ですが、かと思えばモテている男性に髭が生えていることも少なくありません。女性が嫌っているのはあくまでも汚い髭、似合わない髭なのです。口周りに毛が生えていることで清潔感を覚えにくく、それがマイナスポイントになる髭ですが、衛生的であり見ていて不快感を伴わないこと、容姿に合っていて綺麗な髭を生やしていれば、第一印象で悪くなってしまうことはあまりありません。また、女性にモテたいとあえて髭を生やしている男性もいますが、大抵の場合は女性の目線からどう見られているかという意識が欠落してしまっており、ワイルドさやカッコよさを勘違いして空回っていることも多いのです。モテるためには女性からどう見られているのか印象を意識し、整えていく必要があります。要は、男性的な観点でカッコよさを追求する髭を生やすより、女性がカッコいいと思う髭を作っていくことが大切なのです。

若い女性をターゲットにしたい場合には、髭を利用してモテたいのでしたら清潔感を保ちつつ、ワイルドなイメージを追及していくのがポイントです。20代頃の男性はモテるために爽やか系の容姿を意識することが多いため、髭で男性的かつ野生的な部分をアピールすると他の人とは違うと意識されやすくなります。また、30代以降になると落ち着きを感じさせる髭のウケがよくなります。髭には年齢を上に見せる効果もあるため、同年代男性よりも大人っぽい印象を作ることができ、安定感を求める女性に安心感を与えやすくなるのです。また、知性的な渋さも見せられます。

モテる髭男性は、こうした女性ウケのポイントをしっかり押さえているのです。自己流で整えているかたもいますが、雑誌などでモテる髭のアピールポイントを研究し、自分の顔に似合うイメージに合った髭を作っています。また、理美容室で専門家にアドバイスを貰いながら整えたり、必要であれば無駄な部分を処理するために髭脱毛も行うこともしており、実際にメンズ脱毛で髭を整えるかたが増えてきました。髭を自身の容姿のアクセントに利用し、カッコよさを強調するのに上手く利用できているかたがモテます。

逆に、ワイルドさを勘違いしていたり、手入れがされていない不潔な髭は女性を引かせてしまいます。あくまでも意識をするのは髭を見て女性がどう思うか、どう思われたいかであって、自分の好みだけを優先して印象を悪くする髭を生やさないように気をつけなければなりません。