多くの若い女性が男性の逞しい肉体に魅力を感じ、一度はその身体に抱かれてみたいという思いを抱くのは、雑誌等のメディアのアンケートからも明らかです。

その中でも特に女性が魅力を感じるのは分厚い胸板。まさに逞しい男を象徴する身体の部位でもあり、今後モテてゆく為には欠かせないポイントとなるでしょう。

顔のルックスに関しては自分なりに工夫してもおのずと改善には限界もあり、それは意外と女性側でも承知しているもの。

こちらは最低限不快感を与えない程度にまで仕上げておけばOKとして、いくらでも改善の余地がある身体そのものを鍛錬せずに過ごす、というのは、女性との付き合いを考える上で大きなハンデとなりかねません。

これは若い女性が不摂生の象徴とも言えるデブを嫌うという傾向にも良く表れています。

という訳で、女性、特に若い女性にモテたいのであれば身体を常に鍛錬し逞しい肉体、特に分厚い胸板を得るのが一番なのですが、もちろんこれまでの下地がゼロというのであれば、理想的な身体へと近づくにはかなりの努力が必要となってくるでしょう。

ただ日常的に行えるトレーニングメニューの中には、胸板だけでなくそれに続く背筋や腹筋、二の腕といった筋肉も満遍なく鍛えられる大変便利なメニューもあります。それはずばり腕立て伏せ。最低でも3日に1回のペースを守り、10回1セットを2、3セットに分けて行い、じっくりと大胸筋を鍛えてゆくと良いでしょう。

この際肝心なのはこなした回数よりも身体に掛ける負荷の強さ。最初は途中苦しくなって断念しても構いませんから、両手を着く幅を肩幅より広く取って胸板を曝け出すと共に、腹筋を締めてお腹を引っ込め、胴体が真っ直ぐ維持出来る様にすると効果的です。

スペースが確保出来なければチューブトレーニングも大変有効な方法。市販のトレーニングチューブを胸の背後の背中に回し、チューブの両端を両手でしっかり掴み前方へと強く伸縮させるというもの。身体の慣れに応じてチューブを掴む位置を短くし、少しづつ負荷を大きくしてゆくと良いでしょう。

インドアトレーニングばかりでストレスが溜まったら適度にアウトドアのロードワークを織り交ぜ、お腹等に溜まった余分な脂肪を燃焼させてゆくのも大変効果的。

胸板と共に、男の逞しい身体の象徴とも言えるスッキリ割れた腹筋は、その表面を覆う余分な脂肪を燃焼・除去しないとはっきり見えてこないもの。また腹筋トレーニングだけで増加する筋肉量もたかが知れていますから、結局ロードワークと言った有酸素運動をメインに持ってくるのが一番なのです。

日々ロードワークを嗜んでいればストレス解消にもなりますし、道行く人とのコミュニケーションも取れる様になり、いずれ性格もポジティブに明るくなってゆくもの。

屈折しがちだった気持ちをこれらのトレーニングを通じて明るくポジティブにし、間接的にではありますが女性にモテ易い積極性に富む性格に作り直してゆく事も出来るのです。